育勉普及協会からのお知らせ 育勉普及協会からのお知らせ

2020年07月28日(火) 【会員限定企画】社会人大学生が教えるもっと身近な心理学~育勉と心理学と私~開催いたしました

認定講座受講生、認定育勉インストラクターを対象とした、会員向け勉強会をオンラインで開催いたしました。
 
***
 
今回は認定育勉インストラクターによる自主持ち込み企画。
滋賀県在住のキャリアコンサルタント、市岡さんのミニセミナーです。
 
***
 
はじめに市岡さんのファシリテーションのもと、「心理学ってどんなイメージ?」をテーマにチェックイン。
 
・キャリアコンサルタントの勉強中で、今まさに関心ある分野!
・アドラー心理学を知って、育勉との共通点を感じている!
・マーケティングと心理学の関係に興味を持っている!
 
と皆さん興味深々。
 
そして、市岡さんがなぜ公共機関でキャリア支援の仕事をしながら、
大学に編入し、心理学を学び始めたのか、その経緯を丁寧にご紹介いただきました。
 
***
 
心理学は学問の領域として、とても幅が広いものです。
その中で今回は非言語コミュニケーションの部分をご紹介いただきました。
 
私たちは言葉以外にも声の調子や動作、視線などの様々な非言語的手段を使って、コミュニケーションをとっています。
この知見や知識を、育勉セミナーでも活用していきたいと投げ込みをいただきました。
 
***
 
市岡さんのミニセミナーのあとはじっくりとお話タイム。
 
・育勉セミナーにどんな心理学のテクニックを使える?
 
例えば、講師が自己紹介する時に、その内容はもちろんですが、
雰囲気や振る舞いによって、聴き手の受け取り方が大きく変わりますよね。
 
その他にも、
・バラエティ豊かな参加者に対して育勉セミナーを行う際に心理学を取り入れると?
・集まって育勉セミナーを行う場合、心理学的上どんな席順がいい?
・オンラインで育勉セミナーを行うときに、どんな非言語コミュニケーションが使える?
 
など、心理学をうまく育勉セミナーに活かせるか、参加者皆さんでわいわいお話しました。
 
育勉インストラクターらしい、素敵な会になりました!
 
***
 
▼参加者の声より
●オンライン時代には、非言語コミュニケーションが変わること。例えば…オンラインミーティングでの立ち居振る舞いもそうですが、テキスト文書1つとっても、使う言葉や絵文字とかで相手に与える印象が変わる。オンライン時代の心理学を、私も探求したい。
 
●空間デザイン、ウェブデザインなど一般的に「感性」「センス」と言われがちな領域で仕事をしているのですが、心理学の要素を入れた根拠ある提案が出来ると説得力が増すだろうなぁと可能性を感じました。
 
***
 
協会では、会員の皆さまの「学びたい」気持ちにお応えできるよう、認定講座受講生、認定育勉インストラクター限定企画を、レギュラー開催してまいります。
 
今回も各地からのご参加、ありがとうございました!
 
***