育勉普及協会からのお知らせ 育勉普及協会からのお知らせ

2020年05月29日(金) 【会員限定企画】「あなたに教わりたい」と言われる講師になるプロの立ち居振る舞いセミナーを開催いたしました。

認定講座受講生、認定育勉インストラクターを対象とした、会員向け勉強会をオンラインで開催いたしました。
 
***
 
今回は、プロのマナー講師であり、フリーアナウンサー・司会者としても活躍する育勉インストラクター、石津陽子さんの持ち込み企画!
プロが繰り返し実践し、鍛錬する基本動作のポイントを、参加者からの質問も踏まえて分かりやすく解説していただきました。
 
***
 
始めに、石津さんより、人前に立つ講師が必ず押さえたい「7つのポイント」をお話いただきました。
 
●プロとしての「自覚」を持つことはなぜ大切か
●講師として「教える」ということはどういうことか
●「説得力」のある講師になるためにどういったことが必要か
 
「あなたに教わりたい」と言われるヒントが満載で、
聞いている私たちもつい、石津さんのお話に引き込まれていきます。
 
***
 
特に、石津さんが何よりも大切にしていることは「笑顔」であること。
 
石津さんは、お料理中に顔の筋肉をストレッチしたり、
普段から鏡を見ながら口角を上げているそうです。
 
「小さなことを毎日積み重ねていくことが大事」と石津さん。
 
実際に、石津さんが普段されている、割りばしを使ったストレッチを教えていただき、
メンバーで実践してみました♪(写真をご参照ください)
 
セミナーの会場のドアを開けた瞬間、
オンラインセミナーであれば、オンラインが繋がった瞬間、
素敵な笑顔で講師の方が出迎えてくれるのは、とても嬉しいですよね。
 
講師としてワンランクアップし、○○さんから教われてよかった!と
お客さまに言っていただける、そんな育勉セミナーを開催していきたいですね!
 
***
 
▼参加者の声より
・講座や研修をやる中での自分の個性をかきだしてみる。その場で相手にどう思われたいか、どうありたいかを考える。
・コンテンツの質以上に、講師の自信が講座のクオリティに影響すると思う。その場に臨んだら「上手くできるか」ではなく「きっと上手くいく!」
・自信を持つために…ステージに上がったら、演じ切るのも大切だが、演じ切るためには、しっかり準備をすることが、よい演技につながる。(練習でできないことは、本番でもできない。)
 
***
 
協会では、会員の皆さまの「学びたい」気持ちにお応えできるよう、認定講座受講生、認定育勉インストラクター限定企画を、レギュラー開催してまいります。
 
今回も各地からのご参加、ありがとうございました!