育勉普及協会からのお知らせ 育勉普及協会からのお知らせ

2019年04月24日(水) 「【会員限定企画】困難を乗り越える技術」を開催いたしました

認定講座受講生、認定育勉インストラクターを対象とした、「会員限定企画」をオンラインで開催いたしました。

今回は、フェイスブックのCOOシェリル・サンドバーグの2冊目の著書『OPTION B(オプション・ビー)』を取り上げ、
人生を生きる上で、もっとも欠かせない力=「困難を乗り越える力」について学びます。

ハードカバーで、ページボリュームの多い和訳本は、一人で読むにはまとまった時間が必要です。

プレゼンターが本の内容を要約し、内容を深めるためにセミナーの大半を参加者同士のディスカッションに充てるという今回のセミナーは、忙しい女性たちに大好評でした。

 

ちなみに、「困難を乗り越える力」を下記のステップで体系化しています。
1.知る
2.鍛える
3.活かす
プレゼンターのポイント解説とともに、参加者それぞれが自分に向き合い考えていただきました!

そして、これをどう大切な人に伝え、教えていくか…という視点でディスカッション!

「​1冊の本を、1時間強でinputできること、その内容を皆さんとセッションしながら自分の中に浸透できること、
 非常に濃い時間を過ごすことができました。」
「本が手元に届いたら、普段かかる時間の半分以下で読めそう。」

そんな体験をしていただけたようです。


<参加者の声より>
リフレーミングを実践できていたことが分かって自信がもてた。このまま進めそう。
 自分自身が伝えられるようになりたいし、実践しながら見せていきたい。一気に元気が出ました!
・頭の中にあったものが、言語化された気がする。子どもにはうまく伝えたいと思った。
・「自分のため」だけでなく、「大切な人にどう伝えるか」というのは大切な視点をもらった。
ジャーナリングやリフレーミングはしたことがある。やってみることが大事。
 辛いことは時間に癒されながらも、乗り越えられるような実践をしていきたい。

ジャーナリングやリフレーミング
をしたことがある。やってみることが大事。辛いことは時間に癒されながらも、乗り越えられるような実践をしていきたい。
ジャーナリングやリフレーミング
をしたことがある。やってみることが大事。辛いことは時間に癒されながらも、乗り越えられるような実践をしていきたい。
ジャーナリングやリフレーミング
をしたことがある。やってみることが大事。辛いことは時間に癒されながらも、乗り越えられるような実践をしていきたい。
ジャーナリングやリフレーミング
をしたことがある。やってみることが大事。辛いことは時間に癒されながらも、乗り越えられるような実践をしていきたい。
「大切な人にどう伝えるか」は大切な視点をもらった。娘に何がしてあげられる
かで考えていきたい。子どもにとっては声掛けができる大人が近くにいれるといい。そういう人になりたい
「大切な人にどう伝えるか」は大切な視点をもらった。娘に何がしてあげられる
かで考えていきたい。子どもにとっては声掛けができる大人が近くにいれるといい。そういう人になりたい
「大切な人にどう伝えるか」は大切な視点をもらった。娘に何がしてあげられる
かで考えていきたい。子どもにとっては声掛けができる大人が近くにいれるといい。そういう人になりたい
「大切な人にどう伝えるか」は大切な視点をもらった。娘に何がしてあげられる

かで考えていきたい。子どもにとっては声掛けができる大人が近くにいれるといい。そういう人になりたい


協会では、会員の皆さまの「学びたい」気持ちにお応えできるよう、認定講座受講生、認定育勉インストラクター限定企画を、レギュラー開催してまいります。

今回も各地からのご参加、ありがとうございました!