ニュースレター:コラム コラム

女性活躍で何を目指すの?

先日、静岡県掛川市が主催するイベントに関わる機会をいただきました。

イベントは『女性活躍パネルディスカッション ~掛川から始めるポジティブ・アクション~』(2019年3月14日開催)です。
掛川市は、静岡県の中部にある地方都市です。(私の実家が近い笑)



市長と、そして様々な立場にある女性リーダーが参加してパネルディスカッションをします。私はその進行をさせていただきました。
 
パネリストはこんな方々:
・掛川市長 松井三郎氏
・ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
 ヒューマンリソース 人事マネージャー HRビジネスパートナー 岡田美紀子氏
・NECプラットフォームズ株式会社 執行役員/掛川事業所責任者 渡邉祐子氏
・掛川市立大渕小学校長 山田英子氏
・株式会社山本製作所 専務取締役/掛川商工会議所青年部会長 山本美鈴氏
 
≫イベント詳細 https://kakegawa-pa.on-mo.jp/
 



これまでのキャリアも違う。得意分野も違う。所属する組織の規模も、業種もまるで違う、個性豊かなパネリストたち。

一方の会場は約半数が男性。女性部下を持つマネージャーの方々や、企業内で女性活躍に取り組む方、そして当事者としての若手~中堅女性まで、幅広い参加者です。
 


特に企業や組織で女性活躍を進めていくための可能性や課題、また自分たちが取り組んでいく中で大切にしている考え方などを中心に話は進みました。
2時間の時間の約3分の1が参加者からの質問に充てられ、多様な議論で会場が一体になったイベントでした。

 


 
 
両立、介護、リーダーへの昇進、社内のコミュニケーション、人材の育成や能力開発、、、どのテーマもとても学びが多かったのです。が、全部書ききれないので、特に印象深かった点について振り返ってみました。
 


イベントは「女性活躍」がテーマでしたが、先進企業は「女性人材を活躍させる」と女性くくりで考えておらず、ひとりひとりの人材の個としての働き方や生き方をどう創っていくか、主体性を引き出していくかという考え方の中で取り組んできたことが、結果として女性活躍にもつながっているのだと思いました。
 
私がいる組織も同じ考え方で、非常に共感します。

今までの男性中心の働き方や考え方に女性を対応させていく女性活躍ではなく、
“女性”をきっかけにしながら多様な社員が働きやすい職場を作っていくための女性活躍。
女性活躍と働き方改革は切っても切れないのです。
 
抽象的な考え方ですが、参加者側の反応から、大企業も中小企業も、男性も女性も誰もが納得していたように感じました。
 


パネルディスカッションの中で、ユニリーバさんが取り組む、「WAA」という人事制度と、その効果が紹介されました。
「WAA」とは、Work from Anywhere and Anytime。ひとことで言うと、働く場所・時間を社員が自由に選べる制度でしょうか。
 

根底にある考え方は、社員自身が働き方を選ぶということ。
自由を与えられることは、単なる働きやすさの向上ではなく、「自分の裁量で、より効率的で成果の上がる働き方を創っていく責任を負うこと」なんです。

この制度により、ユニリーバ 岡田氏は、社員の自主性と自律性を引き出して、結果として生産性向上の成果を確証していると言います。
 



ここから、私たちは何が考えられるでしょうか。

もちろん、「会社にテレワーク制度がない」「リーダーやマネージャーにそうした考えがない」などの課題もあるかもしれません。

でもこの機会に、
もしも働き方の自由を与えられたら「自分は自律的に仕事ができるか?」、
もしも時間に縛られなくなったら「自分で時間をマネジメントして生産性の高い仕事ができるか?」、
考えてみるのもいいのではないでしょうか。
 

そしてそういうマインドやスキルがあるなら、今(の自分や職場)を変える力もあるし、チャンスも手に入るはず。

だって、これからの女性活躍は確実に「女性サポート」ではなく、「女性を含むだれもが主体的にいきいき働く機会提供」に変わっていくように思うから。
私たちも、時代の変化に合わせてマインドやスキルを更新していかないといけないですね。
 

イベントの最後に、NECプラットフォームズの渡邉氏が言った言葉が印象的でした。
「働き方改革は、生き方改革」。うーん、深い。
 
 
さいごに、ご一緒させていただいたパネリストの皆様、
機会をくださった掛川市様、
会場にお越しくださった皆様、
本当にありがとうございました。