ニュースレター:コラム コラム

みんな違う、両立生活

育休からの復職前、再就職での復職前。
子どもを持って仕事をしていく中で、誰もが両立生活のスタート地点に立ちます。

最近は企業の両立支援や、行政の再就職支援に関わることが多いため、
新しく始まる両立生活を前にした女性の声や気持ちをたくさん聞くことがあります。

特に初めての子ども(第一子)の出産からの復職は、経験のない両立生活に不安を感じることも多いと思います。

私も長女の出産時を思い出すと、想像の付かなかった育児と、育児だけでも“いっぱいいっぱい”な中で仕事をしていけるイメージが付かなくて不安だったことを思い出します。


 

「イメージが付かないけど、イメージしたい。」
「大変にならないように備えたい。」
そんな気持ちを抱える方へ。
 
つい人のケースが気になって、似た事例を探して、でも無くて、焦りや不安になることはありませんか?
 
両立生活はひとりひとり違うものになります。
なぜなら、両立生活に影響する要因がみんな違うから。
 
両立生活に影響を与える要因をこんな風にまとめました。



 
ここにあるいろんな要因が、ひとりひとり違うんです。
だから、両立生活も違うものになるんです。
 
例えば、配慮しなきゃいけない現実の要因。
・子どもが何月生まれか。どんな体調で性格か。(よく泣く、よく寝る、母乳なのかミルクなのか…)
・一人目なのか。兄弟は何歳か。(上の子ケアは必要か…)
・夫の働き方はどうで、どのぐらい一緒に家事や育児ができるのか。
・両親は近くにいるのか、協力が見込めるのか。
・地域の保育園事情はどうか。いつ入園するのがいいか。希望通り入れるか。
 
一方で、現実とにらめっこしながらも「私はどうしたいのか」も大事な要因です。
・私の家事・育児に対する価値観はどんなものか。(母乳で育児したい、家事を自分でやりたい、自分でなくて良いものは人に任せたい…)
・仕事に何を求めるのか。(やりがいやキャリアアップを求めたい、短時間で効率的に仕事したい…)
・復職に対する希望。(早く復職したい、子どもが●歳までは自分で見たい…)
 
現実とありたい自分を行き来しながら、決めていく&創っていくのが両立生活だと思うのです。
時には現実を踏まえて、折り合いをつけなきゃいけないこともあるかもしれません。
でも自分なりの納得感が大事。
だから自分なりに考えながら、パートナーと対話をしながら準備していきましょう。
 
焦らず、誰かと比べて不安にならず、自分にとって良いスタイルをつくっていきましょう。
 



最後にアドバイスです。
私たちには変化に対応できる力があります。
子どもを持って生活や価値観を変え、働き方を変えながらも、変化に対応していけるんです。
 
すぐには慣れなくても、必ず自分なりの両立スタイルを創れます。
むしろ、「新しい生活を始めたら、最初の3か月ぐらいは慣れるまでの移行期間。ちょっと大変でも大丈夫。みんなできるし、私もできる!」と考えましょう。